Ayaの徒然お便り

身近な自然・草花のことを中心に、心に触れた詩や音楽や美術展、日常の出来事やスピリチュアルな話題など幅広く混ぜながら、徒然にお便りします。

Entries

キリストエナジー & サードアイに浮上したもの

 
 

9月というのに39℃の猛暑!

いったいどうなるのでしょうね。
 美しい日本の四季は・・・・・。




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~
 


久々に私自身が受け手様になりまして、
アチューメントを受けてみました。
キリストエネルギーです。

キリストエネルギーはライタリアンレイキ&レイで
アセンッデッドマスター・サナンダとしてコネクションがありますが、
ライタリアン研究所とはまた違った角度で触れてみたくなりました。

マリアライトとコンビネーションで
皆様にもご提供できたら良いかな?とも思いまして・・・・・・・・。



で、セッション。
光は、降りてきたというより、
反応したかのように、ハートからホワイトゴールドの炎として立ち昇り、
大きく大きく燃えあがり、全身に拡がったという感じでした。
ほぼゴールドでした。
ゴールドの炎は、ゴーゴー吹き上げるように燃え立ったのでした。


で、その辺はここでは省略して、
時間の最後ぐらいに炎は静まり、
意識?ソウルスター?がサードアイに行った感じがしました。


そしてサードアイに浮かんだ光の映像を
ざっと描いてみたのが下です。


sadoai1-2.jpg


実際にはもっと、とてつもないような美しさで、
中央のややゴールドがかった、ほぼ真っ白な円形の光の周りに、鮮やかな虹が囲んでいて、
それはもう言葉に尽くせないほどの輝き&鮮やかさ&美しさでした。
描き表せないのが辛いところです。


この輝く映像の登場が、最後の合図かなと思いきや、
(時間としては、この辺りで終わったようですが)

そのあと、

虹色の光は回転しながら、
サードアイの内側を削り始め、
(トンネルとするなら、トンネルを囲む壁面を削っているかのような)

その壁面の一箇所から
ずぶ~~~~と、
なにやら黒い映像が、引き抜かれました。

(引き抜かれた映像はグロテスクで惨く、ここではとても書けません。)

 私 → オエー~ 

光はさらに回転し、次々むごたらしい映像が出てきます。



サードアイはといえば、槍にぐいぐい突付かれでもしているように痛み、
ハートはといえば、その頃すでにシーンと静まっていて・・・・・、

痛みと、気味の悪い映像に、もうもう堪らず、
天使を召喚して、サードアイに浮上した惨い映像の開放のサポートを、請うたのでした。

やがて、
白い光が額の上から放射されているのが感じられ、後ろからも頭部に白い光が放射されているのが判り、
ホッ、やれやれ・・・・・・ (^-^; 、

と、時計を見ると開始から51分が過ぎていたのでした。
(予定時間全30分)



ということで、
前半は気持ちよく
後半は・・・・・・・、
浮上しました、見たくないような映像が続々と。 (>_<)



西洋圏でのおそらく過去生で、見たり体験した(たぶん宗教的な)トラウマだろうと感じたのですが・・・・。
自分の記憶なのかどうかは判らない気もします。
 集合意識の記憶ということも有り得るかと・・・・・・・。


(よく似た映像経験は、とあるキリスト関係の”場所”でも頻発したことがあります。
その場所では、悲劇的な惨い映像が走馬灯のように浮かび、私の周りを回り・・・・、
胸がかきむしられ、辛いやら、怖いやらで、長い間、近づけなかったのですが、
確か、マリアライトを受けてからの頃ではなかったかしら?受ける前の頃だったかしら?
時期の記憶が曖昧なのですが、
その場所に行き、わざと瞑想した覚えがあります。
ブッダがブッダになる前の修行中の瞑想の話しを思い出し、
キリストのイメージで自分の中に宿っているらしい、何かしらの”恐怖”を超えようとしたのですね。
その場所で浮かび上がる映像に動揺しないで耐えられるかどうか・・・・・、自分を試したのでした。
マリア様のイメージをしっかり、胸に抱いて臨んだように思います。
  あ、そうそう、マリア様のメダイを身守りに胸にかけて行ったかと。
   そして、”聖マリアの祈り”を捧げていたかと。
結局、その場所では、そういうことはそれ以来、起きなくなりました。)


今回、その場所で見たような映像が、サードアイから出てきたことになります。


これ、開放の段階的プロセスなのかもしれませんね。
 魂の旅のなかで、西洋圏のどこかで、よほど辛い経験をしたらしい・・・・。
 (自分または集合で・・・・。)


まだ自己ヒーリングは続けて見ます。

 


セッションが終わってから、サードアイがギリギリして、その日はずっと痛かったです。
喉も渇いた~。




☆ 翌日、エネルギーダウンロード元でいらっしゃる、E・M様からいただいたシャア

最初のヒーリングの時にチャクラのバランシングをして
準備を整えていきましたが、しっかり、とても大きな
パイプが通っていてクリアな状態でした。
チャクラの状態もよく力強さを感じました。
受け入れ準備が感じられました。

そしてアチューメント
黄金の光が即座に包み込む感じで一体化していくようでした。
そして黄金の炎がご自身の中に燃え始め
この無条件の愛の炎をこれから燃やし続け
たくさんの人々に
その愛の炎を分け与えてください。。。

というメッセージと共に永遠の光の炎が
燃え盛っているビジョンでした。
不動不変の大きな愛のエネルギーを、多くの癒されない人々に
たくさん伝えていってください。
あなたがたくさんの人々を救っていきます、、、

↓(サードアイに出た惨い映像について)
過去で戦いなどでたくさん傷ついてきた魂たちが
同時に癒されていったのだと思います。
それほど大きな愛があなたの中にあるのだと・・・・。☆




キリストエナジーは予想外にパワフルで温かく、
かつ、素晴らしいと感じました。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~






さてさて、いくらなんでも暑すぎの残暑ですね。
どうか皆さま
まだまだ熱中症にご用心くださいね。



















関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

新ブログのご案内

  身近な自然、道ばたの草花や、暮らしの中のあれこれに見られる、光とスピリチュアルな響き。  

最近の記事

HP

☆☆ アチューメント・セッションをメインに行わせていただいています。 心に響くものがありましたら、ご訪問下さい。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

プロフィール

Aya

Author:Aya
 
元、染織工芸作家&美術講師。
子供から大人を対象に美術指導をしつつ、色彩の表現など含めてストイックに心と技の研鑽&染織作品発表という日々を過ごす。
傍ら、仏教学を学び、実践として禅を学び、工芸の仕事を動禅と捉え、仕事を通して禅瞑想を深めてゆく。

幾つかの大小の節目を経て染織作家活動からは引退し、呼ばれるようにしてスピリチュアル系の学習レッスンを重ね、98年より(暮らしに支障のない範囲で)レイキ講座などを企画。
06年天使層に出会い、現在は天使系アチューメントをメインに行う。

このブログでは、
スピ系&精神系に偏らないよう、心に触れた詩や音楽や美術展や日常の事など幅広く織り交ぜながら、お便り風に書かせていただきます。

気まぐれ更新になりますが、どうぞ宜しくお願いします。

検索サーチ

本やDVD他、家電やキッチン用品など、多岐の部門から検索できますので、ご活用ください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

右サイドメニュー

地球の名言Ⅲ


presented by 地球の名言

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

旬の花時計

FC2カウンター