2010/03/31

東宮家の醜すぎる腐敗  国民として黙っては居られない etc   (リンク追加有り)





桜は五分~八分咲きといったところでしょうか?
皆様のお住まいの方ではいかがですか?



このところの私は驚いてばかりです。

光の方ばかり見て暮らしていたら、
乗っているお船が大変なことになっていた・・・・・・
という感じでしょうか?


日本が本当に危機に直面しているようです。


政治、皇室にと、権力を覆う闇勢力が
もう、すごい勢いで日本国を蝕んでいるのですね。

言論の自由はもうとっくに、巧みに統制が入っているそうで、
私達は知らず知らずに、歪められた情報を、受け取っていたようです。



こういうことに、
超~びっくりするほど、なんて、私はノンポリだったのでしょう。
ノンポリでいられたのは、基本的に、国が平和だと思っていられたからでしょうね。



あちらこちらで、光と闇勢力が、大規模な闘いを繰り広げていると見ることも出来ます。
が、今のところ、あいにく闇の方が、勝っているげに見えますね。
闇に支配されてしまった人口の方が多すぎる?



美しく、素敵なものばかり見るのは、とても良い事です。
現実界には、見たくないことばかり、目をそむけたいことばかり、ひしめいています。
でも目を背けてばかりはいられませんね。
もともと、私たちが創り出した、私たちの一部であるはずですもの・・・・・。




下記は東宮家とそこに巣食う人々の様子。

先ずは起きていることを知りましょう。



~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~



詳しくかかれたブログを一部ご紹介します。

大方、パッシング的な内容も多いでしょうが、
書き手の方々が必死なのは、それだけ
日本と日本文化の崩壊への危機感が強いから、かと・・・・・・。




☆ たとえば  こちらは Mの実家がしていること

☆ こちらは、O家の怪
(ここではM祖父が水俣病の加害者であることが、しっかり触れられています。水俣病は戦後最大級とも言われる悲惨な公害病です。それは過去の出来事ではなく、被害者の方々はまだ終生の苦しみの中におられるのです。そのことをうやむやにしたまま、Mを妃に認めた宮内庁の判断も、?です。)  

☆ たとえば  こちら(Mのあからさまな人種差別)
   (書き手の方は、命がけ覚悟で書いておられるとどこかに記載があったような。)

    こちらもどうぞ (某宗教組織まで乗り込んできました。もともと?
   宗教は自由です。皇室以外の立場になればね。)


☆ たとえば  こちら
   (離婚が出来るのかどうかについて。)


☆ たとえば  こちら
  (比較的、普通の視点かと。)


☆ たとえば  こちら  こちら
  (普通の視点かと。学習院事件について。)

  こちらもどうぞ。



2015年1月追加リンク
( ※ この記事は2010年の古いものです。記事はそのままとして、
下記に2015年1月時点での最新リンクを4点追加します。)

 BBの覚醒記録 東宮問題を正しく把握している海外紙と、IQ低い国内擁護派
 風に色をつかせるとき
 問題なのは雅子妃か宮内庁か
  皇太子さまに「ご退位」勧める論文が大波紋 「第2の人生を選ばれてもいい時期」- 国内 - livedoor ニュース
  追加ここまで



これらをお読みになれば、少なくとも東宮家で、
何が起き、東宮が皇位継承者であるがために、それを許してしまったなら、
どのような危険性が日本が覆いつくすのか、
察しがつくことでしょう。



ここで詳しく私が言うのは、遠慮します。


望むなら、天皇地位を狙って増殖しているエゴ勢力に、
これ以上、力を与えないように、
彼らの増殖に NO の意図を持ってくださること、でしょうか。




次に廃太子について、 

論争が巻き起こっているようですね。


~ 私感に過ぎませんが、天意はすでに下っているのでは?
日本人が天意を汲み取れないとき・・・・・・・・
固定化した信念や思い込みで、論争などしている場合でしょうかね?

でも、大事なものこそ、そっと隠して置くものです。
東宮に闇勢力を集めているのも、ある意味、天意かも。~



このような本もあります。ご紹介まで

悠仁さまへ―秋篠宮家に受け継がれる愛の系譜悠仁さまへ―秋篠宮家に受け継がれる愛の系譜
(2009/03)
高清水 有子

商品詳細を見る





~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~



これらは、日本が”独立国”として存在し、
財政面なども健全に機能していることが前提ですね。

今は・・・・・・・・、それすら危ぶまれていると言えるのかしら?




日本の民主党って、ほんと、怖いようなデタラメ党だったんですね。


政治のこと、東宮のこと、?の感覚を頼りにいろいろ調べて、いろいろ知って、
知れば知るほど、ショックで、

調子がまだ変な私でした。





☆---------------------------




嫌なニュースばかりなので、
お花の写真で、目を癒しましょう。
元気なクロッカスですね。

kurokasu.jpg

    フォト 「天の欠片」様より

















政治、時事、社会
2010/03/16

新しい視点でのレイキ? 光の羽根のメッセージ

お久しぶりです。(^^*


 
春かと思えば、冬模様・・・・・と、
お天気の変わりやすいこの頃です。

そんな中でも、各地で桜が開花を始めたようですね。
こちらはまだ見かけませんが、もう直のようです。


かわりに、ご近所では、雪柳が純白の小花を、枝いっぱいに開いています。
枝を埋め尽くした真白な花は、細い枝の上で、
花の命の喜びを、満面の笑顔で、謳っているかのようです。





毎日忙しく過ごしています。


最近の感覚の出来事を、短くだけシャアします。




----------*---------*----------*----------


それは、
夕食後のひととき、入浴の前に、少し休憩している時でした。


天井辺りから頭上に、柔らかな感じの一枚の白い羽根が、(羽根型の白い光のよう)
ふわふわと降りてくるのが、内側の目で見えました。


白い羽根ような光は、メッセージを携えていました。


メッセージはハートに降り、ハートがほんわり温かくなり、

全身も、温かで柔らかな光の羽根に、包まれている感じがしました。



その感覚は深夜になっても消えませんでした。



”新しい視点で、レイキの講座を行ってください。”


新しい視点とは・・・・・・・?
感覚の中で、ハートからどんどん拡がる様にして、判って(感じて)ゆきました。



レイキは私にとっては、とても古い付き合いのものです。
なので、もう古いという捉え方をしていた面があるかもしれません。

今更・・・・という感じで、レイキという言葉が登場したことが、
意外と思いきや、そうではなく、感覚の中でフワ~と拡がっていったこと(気付き)を、
ああ、そうか~!と、自然に受け入れ、

ハートに灯りが点ったような、ぬくもりを感じつつ、

そしてそれが、とっても自然な流れであることも、了解できていました。



(ちなみにレイキ講座は(胸中、考えるところあって、)もう行わないつもりでいました。
なので、寝耳に水のようなものでした。)

ここから先は、今のところの記載は控えますが、
いづれレイキ講座を再開することになるやもしれない”可能性”が出現したような気がしました。

しかし、それは新しい視点でのレイキになるかと。

今言えるのはその辺のみですが、




なつかしい友と、
お互いの人生をとおして学び成長し変化した姿で、
嬉しい再会をした気分といいましょうか、

この嬉しさが、ハートの中でずっと充満してくれていたのでした。






----------*---------*----------*----------





と、簡単ですが、ある夜の感覚内での出来事でした。



これについては、もう少し時間をかけて消化するつもりですので、
すぐになにかしらの行動ということはありません。


とりあえずは、今、目の前のお仕事に集中します。





ところで、お部屋にはお花がいっぱいです。
香りが充満しています。


花の香りに癒される私です。
花の香りは、いつでも心に素敵なごちそうですね。


ふと思います。
お花さん、この地球上で一緒に居てくれて、有難う・・・・・。



























ハート *あれこれ*
2010/03/07

変化の波のなかで  心の鏡に写すものは?

 
 
今年は年明け早々から
なにかしらの新たな変化の波を激しく感じます。

波の中で揺られているようで、
いろいろな感情の亀裂や体の変調も起きます。

自分が、この波に付いていけないような焦りや、
理解や統合などが、間に合って行かないような苛立ちを感じることもあります。

次々やってきて、山積みになっている本たちも、
この波に乗って、手許に打ち寄せられてきた気がしています。

でも・・・・・・・・
消化がしきれない。




今日は朝、目覚めながら、
内から、小さな気付きが、声となって昇って来ました。


”自分に足りないということを信頼して、そこにエネルギーを与えてはいけない。
自分に足りていることの方を信頼してゆきなさい・・・・・。”



これには、いろいろな意味があるかと思いますが、
案外、どんな場面にもあてはまるかと・・・・・・。



とりあえずは、今感じている変化の波のなかで、
何かと足りない自分ばかりが、(心の)鏡に映って見えている気がします。
その鏡に、足りている自分の方を映しなおしなさい、
”中心”を見失わないようにしながら・・・・・、

そういう意味に取れました。




ということで、その鏡の掃除からしてみます。
どうやって?
心に浮かぶのは、慣れている光の瞑想です・・・・・が、
静かに座ったときに、起きてゆく流れに任せます。


ガイドや天使を信頼して・・・・・・。





下はエンジェルカードより
今の私に必要そうな一言を、シャアします。



yuraganai00.jpg


  ~ Assertiveness 
  揺らがずにあること ~
 


「ドリーン・バーチュー博士著 デイリーガイダンスオラクルカード 発行:有限会社ライトワークス」より







☆---------------



~お知らせ~


しばらくの間、お仕事や自己調整のため、ブログ記事から離れます。


また会う日まで、ごきげんよう・・・・・・・・・。 (^o^)/















ハート *あれこれ*
2010/03/03

光への祈り 「ライトボディの目覚め」より アリエル&タチーレン著


梅の花が一気に咲き始めています。


ご近所に、白梅と紅梅を一対で、お庭で植えていらしゃるお宅があるのですが、
もう見事な咲き方で、道行く人も思わず立ち止まって、眺めています。


撮影しようとしますと、道路からですと、
どうしてもそのお宅が写りこんでしまいますので、
遠慮させていただいて、
かわりに他の写真をお借りします。


ume1.jpg

     フォト 「天の欠片」様より



梅は桜より地味かもしれませんが品位が感じられて、私は大好きです。

(と、桜も大好きですけどね。(笑))




梅の花に、人々が見惚れている頃、

桜の樹の内部では、花の芽立ちの準備が、静かに進められていることでしょう。


待ち遠しいですね。





さて、前回の記事で、”祈りのことば”をご紹介しましたので、
続けて、こちらの祈りもご紹介してみます。




ライトボディの目覚め 改訂新版ライトボディの目覚め 改訂新版
(2000/05)
アリエルタチーレン

商品詳細を見る




この本は、祈りのための本という訳ではありませんが、
ライトボディーへの変容を促すための祈りの言葉が、
幾つか紹介されていますので、

その中から、2つほど、ご紹介しますね。

(私的には、祈りというより、詩という言い方の方がしっくりするのですが、
一応、本中では祈りとして掲載されていますので、祈りという言葉で書かせていただきます。
祈りの”詩”という感じでしょうか。)





水の摂取の必要性については、いろいろな見解から、さかんに言われていることですが、
下記は、その水を神聖化する(波動を高める)ための祈りです。


-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----



~「水」への祈り ~


私は「命の水」を受け入れます

これを「光の水」と宣言します

この水を体にとり入れるとき

私の体を輝かせてくれます

私は「命の水」を受け入れます

これを「神の水」と宣言します

わたしは「わたし」であるものすべてのマスターです



-----*-----*--------



水は、文字通りの水だけが水ではありません。
飲み物、食するもの、空気、体、植物など
その成分の多くが水です。



水を称え、水の波動を高めることは、
わたし達の”生命”を称え、また私たち自身の波動を高めることと、
直接的に、繋がってゆくのではないでしょうか。


ということで、ヒーリング関係では、多様な方法が提案されていますので、
いろいろな方法を皆様もうお使いかもしれませんね。

もち、この本も古いので、この祈りも、もうご存知の方も多いかもしれません。


水にクリスタルを入れて、ストーンの波動を転写する方法も、
ストーンヒーリングやドリーン・バーチューさんの著書でも触れられていますので、
私もたまに、そうすることがあります。



しかし物を使うのが衛生面で難しい場合は、
こうした言葉を使うのもひとつの方法かも。
アフォーメーション型と言えますかしら?


 (アフォーメーション;言葉を使ってなりたいイメージなどを宣言すること)






下は、光の吸収量を増大させるための祈りです。


-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----


~「光」への祈り ~



わたしは「光」のなかに住む

わたしは「光」のなかで愛す

わたしは「光」のなかで笑う

アイ・アム、「わたし」は「光」によって保たれ

滋養を与えられる

わたしは喜びにあふれて「光」に奉仕します


なぜなら「わたし」は「光」だから

アイ・アム、「わたし」は「光」です

アイ・アム、「わたし」は「光」です


われはここにあり

アイ・アム  アイ・アム  アイ・アム



-----*-----*--------




と、ご紹介まででした。





個人的には、この本に掲載されている祈りの文章は、
どれもリズムがあって詩的で美しく、そしてなぜか微妙にユーモアを感じたりします。(^-^)
喜悦心というか・・・・・・・?

著者タチーレンさん(現、ザラザイエルさん)のハートから放たれるリズム&喜悦でしょうか?



この本はある意味で実用書ですが、ある面では(個人的には)
詩篇を読んでいる気分にもなります。(ことに祈りの文章の部分では・・・。)
そういう意味で、不思議な感のある本です。




☆-------------------------------------------------






外は、春・芽吹きが始まっています。

私も衣替えしなくっちゃ、衣服も、&、心も・・・・・・・・ですね。




そういえば、今日はひな祭り。
小さなお子さんのいらっしゃるご家庭では、
きっと愛らしいお雛様が飾られていることでしょうね。

素敵な雛日和になりますように・・・・・・・・・。icon_momo1.gif













本を通して
 | HOME |