2013/11/18

ハートのエクスタシー  プレアデス・ライトボディー・アクティベーションWS  By リサ・ロイヤル その3

 
 
 
 
前記事からの続き(その3)です。



会場での2日目朝のPLAのレッスンで(前記事記載)
言いようのない心地良さの、真っ白な何かの層に包まれていた私・・・・・・・
あれは(その白い層)は何だったの?と何度も思い出しました。

思い出すと、一瞬にしてリンクしてしまい、その心地よさの中に、会場での際と同じように
ふーわり包まれ空中を漂う感じになります。


(家に帰ってその日から、毎日PLAを復習レッスンしていますので、
その影響も有るのかもしれませんが。)



余韻が続く・・・・・・と理解して、感じるままにしていましところ、


帰宅後3日も過ぎてから、
ふと、ハートが変と、気づきました。



ハートから波が、溢れるように出ています。
気のせいか目にも見えるようです。(少なくとも自分の目には。)

それは超繊細な波(波動)でした。
あたかもハートの中心に波(波動)の泉があって、そこからどんどん湧き出して
外に溢れ拡がっているかのようです。


波動は全方向に拡がっています。
そして、とてつもなく大きく拡がっているようで・・・・・・・とてつもなく・・・・・・・。

私は自分の体&意識状態を、この現実の中に保ち支えていることが出来ない・・・・・・、
ぼんやり、ふーわり、ふわりと、漂っている・・・・・・・。



そして、ハートから湧き出しているその感覚がどんな感じなのか
だんだん判ってきました。

それは”エクスタシー”というような感覚でした、陶酔の・・・・・。
(エクスタシーとは変な言い方かもしれません。でも他に言葉が見つかりません。)
ハートがエクスタシー状態・・・・・変な例えかもしれません、でも、まさしく、そうだったのです。




ハートが開くとはこういうことだろうか?
過去に何度か、ハートのそれらしい体験をしてきた・・・・・・けれど、その都度感じ方は違っていました。

これほどの陶酔のエクスシー感がハートから湧き出し続けるということが
過去にあっただろうか??????????
短い時間内ということでは、あったかもしれない・・・・・・、
けれど、これほど何日も続くのは、記憶の中ではたぶん、NO、
つまりこれは、未経験ゾーンに突入したということになるのかも・・・・・・・?




こういうことの分析は、するものではないとして、
ただうっとりし続け、

が、心の片隅では
これでは困るの!日常生活が出来ない!お仕事もあるし!と声が聞こえます。
実際そうでした。

まるで恋の媚薬を嗅がされた夢遊病者か何かのように、
うっとりボーとし続け、ほとんど何も手が付かない状態だったのです。




アンカー(錨)が必要でした。


選んだアンカーは
会場で購入してきたリサさんの最新著書。
 ↓

ギャラクティックファミリーと地球のめざめギャラクティックファミリーと地球のめざめ
(2013/11/16)
リサ・ロイヤル

商品詳細を見る



この本は平易な言葉で、
銀河の歴史が短く掻い摘んで書かれていて、
(深く考え込むことを求める向きには物足りないかも知れませんが、)
全貌が見渡しやすい構成になっていて、
面白く、一気に読める内容でした。


この選択はグッドでした。
いわば風船化した私を、左脳側から適度に刺激をしてくれて、
次第にこの現実の中への着地を、誘導してくれた気がします。




すでに関連記事を、その1その2と書かせていただいたのも
適度なアンカーになりましたしね。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*





実は他にも、

ハートの中心に、目があるのも、感じていました。
この目はサードアイの目と同様に、すべてを全方向で見通しているかのようで・・・・・・、
ですが、サードアイの目とはまた違う雰囲気に感じていました。


この辺はまだ未消化ですのと、
記事があまりにも長くなりますので、
このことには今回は触れず、この辺にしておきます。




今回の経験の中で、
過去から持ち越してきた、たくさんの謎が自動的に消滅した感がします。
そして代りに
例えば、このハートにあった目は何?といった、新たな謎が生まれた気がします。


一つの山(壁とも言えるかも)を越えたら、新しい山が見えてきた・・・・・・・そんな感じだろうか?





さて、陶酔の一週間が過ぎて、どうやら少しづつ
意識がこの3次元界に戻って来ました。^^
やれやれというべきか、日常事やお仕事に、心を向けそうです。


今ハートは静かになりましたが、あの感覚を忘れることはないでしょう。
蓋をしないようにして、調整が出来るようになれたら良いのかもしれませんね。
そのあたり、今後の課題と言えるかも・・・・。





何にしろ
素晴らしく良い体験になりました。


こういうことはタイミングということが大きく関わっているでしょうね。
このWSは、何かしらの意味で、
今の私の必要性にずいぶんフィットしたんだと、改めて思います。



リサ&サーシャさん、会場でご一緒していただいた皆様、
スタッフの皆さま、
すべての面で、

有難うございました!!!





さてさて、たまった用事に向かいますね。


3回にわたり、連続で読んで下さった方々、
ここまでお付き合い下さって、有難うございます。




















セミナー体験
2013/11/16

オクタヒドロンの活性化  プレアデス・ライトボディー・アクティベーションWS  By リサ・ロイヤル その2

 
 
 
 
前記事からの続きです。



オクタヒドロン(正八面体)を使った瞑想は
23年ぐらい前から、なぜか知っていて、よく使って来ました。
オクタヒドロンを使うとバランスが取りやすいことを実感していましたため、
例えば、天と地を繋ぐ瞑想や、グランディングにも、この幾何体をよく活用しました。
今お仕事でさせていただいているセッションの前にも行うことがあります。


なぜ知っていたのかは、おそらくはスピリッツが携えてきた古代の記憶ではないかしら?と。
リサさんによるとこの瞑想はレムリア時代によく使われていたとのこと、
そのレムリア時代に生きた魂は
現在の地球のアセンションのステージに参加するために、大勢、生まれてきているそうですから、
私もその大勢さんの一人ではないか?と。



また2007年には、トム・ケニオンさんが、ハトホルからのメッセージで、
 (注釈:トム・ケニオンさんは「ハトホルの書」の著者様です。)

「バランスのホロン」としてオクタヒドロンの使い方をネット上で公開されましたので、
これも拝読し、なるほどと、活用させていただいてきました。



こんな風で、オクタヒドロンには慣れ親しんできたつもりでしたので、

このPLAセミナーに参加するしないは最後まで迷いました。
(早割の最終の頃まで(笑))
ですが、とっても惹かれるものを感じてならなかったのです。
最終的には、プレアデスではどういう風に使うのか、それも知りたくなって・・・という動機付けで、
とうとう申し込みました。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




オクタヒドロン(正八面体)
(ウィキペギア様よりお借りしました。)

13Octahedron.gif





PLA(プレアデス・ライトボディー・アクティベーション)でのオクタヒドロンの使い方は、
予想したのとは少し違いました。
しかし、その少しが、大きく意表を突いていて
そしてこちらの方が断然効果的と思いました。

私は漠然とオクタヒドロンを使っていたのだなということも、よく判りました。




セミナーでは1日目にプレアデスのアチューメントが行われます。
そしてオクタヒドロンを使ったPLAのレッスン、そして
会場にはプレアデスの存在・サーシャさんが運ぶプレアデスのエネルギー?が満ちています。
この全部が重なったのでしょう。


第1日目に身体に異変が起き、困惑し、結局ヘルプが必要となり・・・・・・・、
咄嗟にヘルプして下さった方、有難うございました。 ^^ m(_ _)m
(詳しくは長くなるので、ここでは省かせていただきますね。)




PLA自体は一日目には、コントロール意識が手放せず、少し難しさを感じたのですが、
2日目の朝一番のレッスン前に、
サーシャさんの方から、(まるで心を図星で読まれているがごとくに、)

細かい動きに捉われない、
委ねる、起きるに任せる、
コントロールを手放す、といったことを

丁寧に説明され、
ここでやっと”委ねる”ということが、ハート深くで了解が出来た感じがしました。

そしてあとは、サーシャさんのPLA瞑想誘導に委ねました。





(PLAではいくつかのステップがあります。
どのステップの場面かは覚えていません。)



急に温かな風がすっと吹いた気がし、同時に、
目に見えないトンネルをアッという間に、でも軽やかに、ふっと吸いこまれた気がしました。
同時に、
自分がどんどん幼くなっていく感覚がして、
(これらは感じている暇もないほど瞬時の展開です。)

するとふと若筍のイメージがし、そのような匂いもした気がして、
若筍?と言葉が浮かんだ次の瞬間、


気づくと、
自分は赤ん坊でした。


赤ちゃんの私は、真っ白な、
何とも言えない信じがたいほどの心地良い真綿の産着???空気の層???に
懐かれるように包まれています。


この真綿のような空気層の、信じがたいほどの心地良さ・・・・・・・・・・、
 この地上界で知るどの言葉でも言い表せないような・・・・・・。


信じがたいような、
えも言われぬ心地良い何かに包まれ、ふわーっと浮かび、漂っていると、


遠くの方から、戻ってくるように指示の声が聞こえ、
会場に引き戻されました。
 (・・・残念、ずっとそのまま漂って居たかったような・・・・・・笑。)



ここでは浄化新生のようなことが起きたのかしら?
何が起きたのか、分析は止めておくとして、


セミナーは続き、次々有意義なレッスンが行なわれ、
一時の感じに浸っている暇はありませんでした。





充実した楽しい時間は瞬く間に過ぎ、
そうして、もう帰りの新幹線・・・・・。





家に帰ると、ここはどこ?的な感じに見舞われ、
元の現実に戻れない自分が居ました。




その上、
ハートが変・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




つづく。

















セミナー体験
2013/11/13

プレアデス・ライトボディ・アクティベーションWS  By  リサ・ロイヤル その1


 
 

朝靄に包まれた富士山
新幹線、車窓より
(この日は曇りでしたので、富士の姿はこのようにうっすらとしか見えませんでしたが、
それでも車窓からカメラを向ける人は、それなりに多かったです。^^)
asamoyahuji.jpg





朝5時起きで、
この日の昼食の手作り弁当を持参して、新幹線のぞみに乗りました。


行き先は、東京で開催された
リサ・ロイヤルさんの
「プレアデス・ライトボディ・アクティベーションWS」会場です。


会場は芝公園の傍・・・・・・・・かの徳川家ゆかりで有名な増上寺のお近くで、
東京タワーも見えました。
東京には過去に住み暮らしていた時代があったのですが、この辺にはご縁がありませんでしたので、
何やら初めての土地感覚で、わくわくもしました。


会場のお近くということで予約したホテルは、
こういう際に利用する宿としては、グレードがお高めで
(常の倍以上の料金、なので昼食から節約が始まっている訳ですが、(^-^)
グレードのお高めホテルに泊まる・・・・それもわくわく楽しみの内というもの。)
 
(→ さすがの造りで、都内でありながら室内は深閑とした静まり&上質設備で・・・・・・・、
 自分の家がガラクタに思えましたね。笑)




さて、肝心のWSですが、
お題は
「古代レムリアで行われていたライトボディ・アクティベーション」というもので、
詳しくは主催の(株)ヴォイス様のHPでご覧いただくとして、


内容は、今の私のニーズにとても合っていたようで、
受けて側の私感としては
地に足の着いた実践的で実用的な内容だったと、思えました。



結果↓


1日目から即効性の成果を感じていて、今も尚、頭がぼんやりです。
セミナー中に体感した心地良さの余韻が尾を引き、
この現実の中になかなか戻れない・・・・状態かな?



ここまで即効性を感じるのは、
96年夏に受けたレイキWS以来ではないかしら?????
(と、あの時は事前説明会の時点でもう目には見えない光の大網に捉えられていましたけどね。
あとはレイキエネルギーに捕獲された小魚さん状態でしたね。笑)





このセミナーでは多くの時間が、
プレアデスの存在・サーシャさんをチェネリングされた状態で、
進められていました。(ここがなかなか凄い。)

Q&Aの時間も途中に何度も十分用意されましたが、リサさんではなくサーシャさんが答えます。
なので、当然ですが、ぶれがなく、(何やらのエゴ?を拝見させられることもなく)
安心して聞いていられて、そして気持ちよく、
なおかつ、とても判りやすい丁寧な答え方を、どの質問に対しても、して下さっていました。





リサさんのWSは初参加でしたが、
この方の明るく気取らない気さくげなお人柄・・・・(私的には)好感度、とても高です。
ユーストリームというTV講座を何回か視聴して、だんだんと惹かれ、
とうとう実際のセミナーに行くことにしたのですが、

成果は上々、参加して本当に良かったです。^^




PLA(プレアデス・ライトボディ・アクティベーションの略)はとてもシンプルな方法で、
シンプルがゆえに応用性も高いと思われますので、
これから様々な場面で幅広く役立ちそうです。
まずは基本の方法を習ったとおりにしっかり実践して消化しようと思っています。





セミナー中のちょっとした体験は次の記事でシャアさせてくださいね。

記事続きます。





















セミナー体験
2013/10/28

ソウル*スター、ワークで使う周波数CDの件で  (追記有り)

 


肌寒さを感じる朝夕になりました。
今年は暑さが長引いていましたので、やっと秋、という感じもしますが、
今度は一気に冬支度になりそうですね。

夏服の片づけと冬物衣類の取り出しに大わらわの日曜でした。笑




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*



今日は個人さまへのご連絡となります。


10月に(株)ヴォイス様で会場は京都で行われたマージョリー・オロークさんの
ソウル*スター、セミナーでの周波数CDのことで
このブログよりメールをいただきましたK様、
個人メールアドレスへのご返答は、遠慮させていただきたく存じますので、
この記事で、ご返答の代わりとさせていただきます。



今回は、セミナーのシステムが変わったようですので、
私の知る情報は、もしや違うかもしれませんが、

以前のセミナー内容からの推測では、

ソウル*スターで使用するCDは、私の手持ちのものとK様が今回いただいたものと
おそらくは同様の内容ではないかと思われます。

受け取られたものは、たぶん前システムでレベル4のセミナーで渡されたレベル3CDではないかと。
CDのレベル1と2の違いは所要時間のみです。
レベル2CDは他者様用で、自己ワークには各2分のものを使います。それがレベル1CDです。


CDのレベル3とレベル1&2の違いは周波数と聞いています。
で、今回上級周波数のものが渡されたということは
古い周波数のものは、あえて(重複では)必要がないということではないでしょうか?




自己ワークの基本的な方法は会場で習われたのではありませんか?
文面から拝察いたしますと、おそらく一日目で。
そして後半で理解を次第に深めてゆかれているのではないでしょうか?


習われた方法で、バックに、そのCDをおかけになれば問題ないのではないでしょうか?
あるいは周波数CDは特にはもう必要がないのかもしれません。




そのセミナーは天使と深く関わる内容かと、理解しています。
だとすれば、天使は無駄な間違いはしません。
ハプニングで変更が起きたということは
その方が良いということかもしれません。

生徒さん達に事前からの予定で渡そうとされていたものが適切ではなかったため、
修正のためのハプニングが起きたと考えることも出来ます。

つまり、それで良いということになります。




お書きくださったペアになってのレッスンは、かなり上級と思われます。
練習を積んでもなかなか出来ないぐらいでは?
習った翌日や当日にいきなりでは、普通なら戸惑い、緊張もしたりで、上手く出来ないのが、むしろその方が正常ぐらいではないでしょうか?

それが会場でそこまでお出来になったなら、
お集まりになった皆さまと、フォローに来て下さっていただろう天使達が創り出した会場のエネルギーが、
とても高かったという見方をすることも出来ませんでしょうか?




丁寧にお書きくださった流れから推測して、とくに問題はなさそうに思われますが、
今回参加していないので、何とも申し上げられない面もあります。


もしご期待のものと違うかもとお感じだったりして、
なにかしらの違和感が残るようでしたら、
その違和感を整理してゆくのも、
K様にとって意味のある大事なプロセスなのかもしれません。
ですから、一度、主催のヴォイス様に、ご心中をお話しされて、ご相談されてみたらいかがでしょうか?


(このご質問の件では、大体のことに関しまして、すでにロージーさんが素晴らしい回答をなさっておられますね。すべて、その通りと思います。)



「CDコピーのご要望に関し」
何かしらの意味があって、上級周波数のCDが渡されたのだろうと推察しますので、
レベル1&2のCDのコピー提供のご要望には、申し訳ありませんが、添いかねます。
どうぞご了承くださいませ。

またこうしたCDには著作権の問題が有りますことを、何卒ご理解くださいますように
お願い致します。


その辺も含めて、主催の(株)ヴォイス様にご相談なさった方が良くないでしょうか?




私のご返答は以上とさせていただきますね。




K様のお心にあるものが、
最善の解決に導かれてゆかれますように、
心から、お祈り申し上げます。




~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~





このセミナー(マージョリー・オロークさんのソウル*スター、ワーク)は
以前は8日間で行われていました。
3日間に短縮されたことで、テンポが早いなど、
戸惑われた方もいらしたかもしれませんね。


思い出しますと、
週末ごとに2日づつの8日間はいささか長かった気もしますが・・・・・・・。
私は息切れして、結局最後までは行きませんでした。
ですが自分にとってはそれで良いと思っています。^^


短くとも長くとも、一長一短かも・・・・・ですね。




※ この記事はいただいたブログメールへのご返答のため、
K様のご希望が有れば、下げさせていただきます。





☆ 追記 ☆ 



記事は、
「他にも戸惑いをお感じの方がいらっしゃるかもしれないので、下げなくても良いです」という
K様から温かなお返事をいただきましたので、
継続で公開アップさせていただきます。


先日のマージョリーさんのソウル*スター、セミナーで、
何かしらの戸惑いをお感じになられた方がいらしたなら、
その方のハートに届きますように・・・・・・・、

愛を込めて・・・・・。



そしてK様、
ソウルスターのCDについて、今一度、考える機会を下さって、有難うございました。






















セミナー体験
2013/10/10

けいとうの花  & マージョリー・オロークさんのソウル*スター・システムについての少々古いシャア





keitou13.jpg


けいとうの花を見ると
若い頃の母を思い出します。


私が小学生の頃、母は子育てをしながら家で出来る仕事として、編み物をしていました。
毎日夜遅くまで編み物をしていました。

窓の外は空き地が多く、
秋にはコスモスやけいとうの花がよく見られました。

毛糸を編みながら、目休めに窓の外を見て、
けいとうが好きと、ひとり呟くように言っていたある日の母の様子を、よく覚えています。

はかなげではなく
意志をギュッと秘めて堪えたような、そして燃えるような強い赤・・・・・・・、
母が好きだったのは、そういうところかな?と、振り返ると思います。


今、認知症が進んでいる母です。
若く元気だった頃を思って、この花を部屋に飾りました。






~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~





さて、このところ、マージョリー・オロークさんの検索キーワードで
このブログにお越しくださる方が増えています。


現在来日されてますものね。
ソウル*スター・ワンネスというワークセミナーを
(株)ヴォイスさんで今年も開催されます。
(マージョリーさん提唱のソウル*スターはシステムの内容が前年度までと少し変わったようですね。)

他オルフェイスのワークや個人セッションも。


これらのどれかに参加をご検討の方が
主催者側ではなく受けた人側の生の声に情報として触れたく、
検索しておられるのかもしれませんね。

マージョリーさん提唱のソウル*スターシステムは、
私がヒーリングなどのメニューで他者様に提供するとかは考えていませんが、
自分のチャクラやオーラの調整には毎日のように行っています。
(やるときはね・・・・・・、と、全く忘れたように離れていることも有り・・・・・ですが。(笑))


レベル3まで受講していますので、
天使の周波数CDを2枚いただいています。
最近ではその2枚のCDを音量を押さえて別々の部屋で、別々のカセットで
終日、流しています。
部屋の物、空気、外からの気など全環境に天使の周波数が浸透すると良いかなと?と期待し。





これは少し古くなりますが、
私がソウル*スターのレベル3を習ったばかりの頃のことです。

遠方の友人とスカイプで話しているときに
この友人がとてもサイキックな人なので、
この人がこのCDを聞いたなら、どう感じるのかしら?と
ふと思いつき、
聞いてもらいました。

この時、私側は、習ったばかりのソウル*スターレベル3の手法を
(他者様にヒーリングをする方法)
出来たら実習してみようと思ったのですが、

始めるや否や
意識がぼんやりして、朦朧としながら、宇宙的に拡がってしまったかのような感となり、
つまり実際にはほぼ眠り(笑)、
記憶がほとんどないのでした。(苦笑)


が彼女の方はしっかり意識が目覚めてくれていて、
感想をメールにきちんと書いて送ってくれました。

ソウル*スターについて、何の説明もしなかったのに・・・・・・、
聞いてみてねと言われてふいにCDを聞いただけで、
(感じる人は?)こうなるのね・・・・・・・・・・と
少々驚いたものでした。





ちょっと、試しにこのCD聞いてくれる?20分あるけど、と言われ、
20分かあ長いなあと思いながらも、どんな音楽だろうと聞くことにした。

流れて来たのは、音楽とは程遠い、ただの音。

なんだろうこれと思っていると、浮かんできたのは、宇宙のビッグバンの様子。

ビッグバンなんて、誰にも見たことはないのだけど、なぜかそう思った。

ひとつの明るい光が、はじけておっきなおっきな渦になっていく..

あっ、銀河だって思った。次に、音が変わると、その銀河の中を光の竜が飛び交っているのが見える。

。とても楽しそうに、宇宙の規模で考えると、とてもとても大きな竜になるが、その竜が何匹も銀河を取り巻いて、乱舞している。

次に音がかわると、光でできた海が現れた。私は、その光の海をつっきっていく。光の海は私が通った後から、左右に別れてひとつの道が出来上がっている。

次に音が変わると、その割れた光の海のしぶきが集まってきて、ひとつの大きな大きな花の形になった。

次に音が変わると、その花の中心から、火山の噴火のように、光が吐き出されていく。

そうか、私は宇宙から地球に来たんだと思った。

音が低いうなるような音になったときに、急に現実のあることが思い、不安になった。

そこで、終わり。えっ?もう終わりと思い、時計を見ると確かに20分たっている。

わたしには、5分くらいに思えた。

簡単だけど、こんな感じです。




----------メールコピー以上です。





ウ~ム???で
意味判らない!とお思いの方も見えるかもしれませんね。

私もソウル*スター・システムって何?と聞かれたら、実際にはよく判らないし説明しにくい、としか言いようがないのです。
それほど宇宙的な感もあり・・・・・・。


でもとても気持ちが良いです。はっきり言えるのはそのぐらいかな?


部屋の物達や空気さんも、気持ちよくなってくれたら良いかなと、
今日も天使の周波数CDをかけっぱなしにしています。


~ CDはブルーレイ仕様のコピーCDですので、
私の主要オーディオは古くてブルーレイには対応していないため、
かけられず、(いちいち壊れてしまう、)
専用のつもりでラジカセを使っています。2台も。~




と、最近の多いキーワードから
ある種、思い出のシャアでした。























セミナー体験
2012/06/14

リサ・ロイヤルさんTV講座 「自分の未来生に会う」



fu1-06.jpg
昨夜
(株)ヴォイスによるリサ・ロイヤルさんのTV講座に参加しました。
TV講座なので、時間さえ許せば自宅で気楽に参加出来る利点があり、参加回数も増えてきています。

今回のお題は「自分の未来生に会う」というもの。
リサさんの未来生がサーシャさんというプレアデスから来た存在だそう。
で自分の未来生は?


30分のレクチャーのあと質疑応答、その後で実際に自分の未来世に会う誘導瞑想という時間設定でしたが、
イヤ~良かったです。
エネルギー的に、始めからジンジン来ていて・・・・・・何が?←説明できないですが、
未来世の自分のエネルギー?あるいはサーシャさんの影響かしら?

リサさんはジャーマインという存在とサーシャさんというプレアデスの存在をチェネリングされますが、
今回はサーシャさんが来てくれていました。


レクチャーの内容は、大まかには大体いつも通りですが、
その一部を記憶している範囲から↓

* 時間軸が人間のマインドでは直線として考えられてきたが、それは幻想。
多次元であり、未来過去は同時に存在する。

* ワンネスの状態では”永遠の今”となる。

* 質疑応答時の私の質問
「満月などの機会に世界中で愛の祈りの瞑想が行われています。
その際 ”宇宙から見ると”、地球上のオーラ等はどのように変化が見られるのか?」

→ グループ瞑想による地球上のオーラなどの変化は光のショーを見ているよう。
多次元的なショーなので、どんな風なのか上手く説明できない。
科学物理的にも効果が証明されているが、なぜか公開されない。
がグループによる愛の祈りの効果は大きいことは実証されている。
(暴力的な地域にグループで愛を送る瞑想をすることにより暴力が減った実証もある。)
瞑想によって地球の波動が高められる。
そのようにして地球の変容を助けることが出来る。実際そうしてきているお坊さんグループなどが存在する。
現在地球の波動は上がっている。


等でしたが、自分の質問の際は飛び飛びながらなんとかメモしたのですが、
他は意識がぼんやりしてメモが出来ず、
内容の詳しくはよく覚えていないのです。
ずっと、(始まった途端から)フワリとした何らかのエネルギーに包まれていて、
何とも不思議な心地よさで
・・・・眠かったです。(半眠り状態だったかも。)


そして最後に自分の未来生に会う誘導瞑想。
リラックスしてください・・・・・・(もうしてるし・・・・みたいな感じ。笑)
瞑想誘導で、未来生の自分と今の自分を隔てる扉が消える。
(未来生の自分とここで会う場面。)
ぱっと目の前に現れたのは頂に雪を被った高山。
足元に雪解け水みたいな水場がある。小さなお花も見える。雪も少し見える。
(高い山峰の見える山麓か山間で、非常に高地という感じ。木は見えずお花が見える。)

未来生らしい例えば人間や、らしい存在とかも見えないけれど、
目の前に突如開いたその景色のなんと美しいことか・・・・・・
100%どころか1000%のマイナスイオン的。
私、未来はお山になるのね、と思う。(爆)
それも良し。

探検しましょうとかの声が聞こえる。(リサさんの誘導)
厚さ2センチぐらいの毛布みたいなものを全身にすっぽり被ってモグモグしている感じがする。
何?と思うと、また白い雪を被った山を見上げている。
空気のなんと甘露でおいしいことか・・・・・・。
自分は透明になっている感じで、頭には青い光の帽子。←これは誘導瞑想で被った。

レクチャーの中で聞いた”永遠の今”という言葉を思い出している。
永遠の今の感覚だった気もする。
マイナスイオンに溶け込んでいるかのよう・・・・・・、
そうして、こちらに戻る時間になる。


とこれだけと言えばこれだけの、1時間半のミニ講座でしたが、
心地よく楽しめた、良き夜のひと時になりました。
(きっと私はイメージだけでもマイナスイオンを欲していたのでしょう。だからあの景色だったのかも。)


リサさん、サーシャさん、企画開催の(株)ヴォイスさん、有難う!ございました。


しかし、悩ましいことがあるのです。
7月に行われるリサさんのコンタクトワークに行きたかった。行きたい!
でも他の予定と日が重なっているのです。ああ、ため息。( ̄□ ̄;)



リサさんのTVワークについては前にも記事にしていますので、
興味をお感じでしたら、どうぞご参照ください。
→ 2012年の重要性 http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-331.html
→ 放射能問題などQ&A http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-301.html




ところで昔のリサさんのセミナー収録テープを持っていました。
95年の日付がプリントされています。
たぶん、その頃(株)ヴォイスで購入したのではないかと。
CDではなく、テープの時代のものです。
3本組で中一本が紛失しています。
新幹線でテープレコーダーごと置き忘れて紛失したのでした。
残る2本のテープが無事保存してありましたので、今日この記事を書きながら、横でかけて聞いているのですが、現在より若く可愛いお声です。(笑)
このテープの冒頭で、昨夜の私の状態(チャネリングワークで頭がボーとしてしまうこと)の説明がされています。無理に起きていなくっても良いですよと・・・・・・笑、はい。
テープの続きは夜聞くことにします。眠っても良いようにということで。 (^_-)

















セミナー体験
2012/02/17

リサ・ロイヤルさんのTV講座 2012年の重要性



(株)ヴォイス様の企画の 
リサ・ロイヤルさんのTVセミナー「2012年の重要性」を
視聴しました。
楽しい充実した時間でした。


リサ・ロイヤルさんにつきましては
こちらの記事でも触れていますので、説明は省かせていただきます。
http://irises39.blog116.fc2.com/blog-entry-301.html

ブログ記事に書かせていただいた前回のTVワークと少し違うのは、
チャネリングの方法で、前回はコンシャスチャネリングでしたが、今回はトランスチャネリングということで、
チェネリングされる存在は、宇宙集合意識ジャーマインとプレアデスの女性意識サーシャさんの両方が関わるそうでした。

(リサ・ロイヤルさんってどんな人?ってことは、(株)ヴォイス様のHPでもご紹介されています。
→ http://www.voice-inc.co.jp/store/workshop_profile.php?genre1_code=05&genre2_code=019)




お話の内容は、のっけから充実して盛りだくさんでスピードも速く
メモは少ししか取れませんでした。

メモは無いけれどハートで聞き入りましたよ。
それで良いのですけどね。




宇宙の構図 (大銀河の形や太陽系惑星の位置関係)について
リサさんがホワイトボードにさらさらと書かれた絵は、

私も過去に実際に意識が拡大して、肉体や地球・太陽系や大銀河さえ超えてしまった際に
幾度か目にした構図とほぼ同じでしたので、
とてもすっきり納得が出来ましたし、

それは、なんか・・・・・・・、
誰にも信じてもらえないでいることを、いとも簡単に判ってくれている人が、実はこんなに身近に居てくれたような・・・・・・、
そんな思いにも駆られて、胸が熱く、嬉しくなりました。


リサさんのコンタクトワークセミナーには参加したことが無かったのですが、
マジで行ってみたくなりました。(笑)






講座は2012年についての本題のチャネリングセッション、
次にQ&Aタイム
最後に誘導瞑想と続き、2時間ですが、あっという間の充実タイムでした。



誘導瞑想は意識を拡大させて、肉体を超え、太陽系を超え、大銀河と一体になり、自分の心臓の鼓動と宇宙の心臓の鼓動が一つであることを直に感じる感覚体験に導くものでしたが、
この拡大プロセスは、私が拡大体験をし始めた最初の頃のプロセスと同じで、

(私の場合、誘導瞑想はなく、意図もなく、ふいに自動的に、そういうことが起きてしまったいうパターンだったため、誘導瞑想で同じプロセスを経験したのは初めてだったのです。
よく知った道を、始めて人に案内されたみたいで、ああこの道・・・懐かしやみたいな、そしてこの道で良かったんだみたいな、安堵感も感じました。)






短くですが、講座の中のQ&Aのメモより一部のみ

* 2012年の意味

感情の開放が必要
感情を味わい、感じ、ジャッジしないで感情の流れに任せ、手放す。
感情を感じ始めると、古い感情が出てくる。
どんどん出てきたとしても、必ず終わりはある。
充分な量の人が解放されると、地球がプレッシャーから解放される。
逆もまた有り。

地球の磁場の不安定さは、人々の心の不安定さがマクロ宇宙に反映している。
自分の内がわを観る。
 見たくないものはないか、など観てゆく。
内側を観て、自分とは関わりがないように感じる場合、
集合意識の影響を受けている場合がある。
それでも受け入れ、ジャッジしないで観て解放する。





と、そのほか盛りだくさんで、
ことに放射能の中和のワークについては、興味深い内容でした。
ここでメモの出来た範囲だけでもシャアしたいところですが、重要な内容に思えますので、
私の途切れ途切れのメモよりも、
きっとヴォイス様のHPで、ライブの終了したTV講座として、いづれ提供されるのではないかしら?
そちらをご覧になることをお勧めしますね。

現在は、昨年の11月22日の放送が提供されています。
興味をお感じでしたら、視聴なさってみたらいかがかしら?
お話の内容は今回の講座と一部共通性があります。
→ リサ・ロイヤル 「地球のかわりゆくエネルギー」
(クリックなさったとき、すでに配信中止されていたら、ごめんなさいね。)








~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*








すっかりリサさんのファンになったらしいAyaでした。
どこかのタイミングで、ワークセミナー会場に参加・出没するかもしれません。
そんなわけで、もし私を見かけたなら、どうぞ宜しく仲良くしてやってくださいね。(^^*





































セミナー体験
2011/11/07

リサ・ロイヤル&サーシャさんのコンタクトミニワーク、Q&Aより (著書追記)

  
 
948-mahina81.jpg

日比谷公園のバラだそうです。
11月3日撮影

  ~ フォト 「2000ピクセル以上のフリー写真素材集」様より ~





シャアが遅れましたが、
11月3日の祝日の夜、(株)ヴォイス主催のリサ・ロイヤルさんのコンタクトワークの
自宅PCでのTVミニセミナーに参加しました。
(1時間半なので、短いです。)


~リサ・ロイヤルさんはサーシャさんという宇宙存在をチャネリングされています。
リサさんのチェネリングはコンシャス・チャネリングというもので、
リサさんの意識がある状態で、
宇宙存在サーシャさんをチェネリングされています。
なのでチェネリング状態でも常に、リサ&サーシャさんとなる訳です。~



そのチャネリングでの質疑応答の内容を、
シャアさせていただきますね。


質問はチャットで、質問者の方が簡略に書き込み、
リサ&サーシャさんが答えるという形ですが、
短い質問にボリュームのある答えをなさっていらして、
30分の短いQ&Aタイムでしたが、充実した内容に思えましたよ。
聞き入っていて、あまりメモが取れていないのですが、
メモが出来た範囲から。




質問を青字に
リサ&サーシャさんの回答をピンクにします。



* 日本の放射能のことで、ETは関与して除去など行ってくれているのか?
(この段階ではまだメモをとっていなくって、うら覚えです)


震災後の2週間程度、関与していたETグループがある。
緊急事態にしか、ETも手助けできないし、しない。
別の意味では、(場所の調和など?)しているが、事態に対して直接ではない。
責任は自分達で取らなければならない。





* 日本の混乱や放射能の拡大や復興の遅れは、日本人の責任ですか?


ある種、そういう面もある。が、タイミングの問題がある。
学ぶべきレッスンがあるが、学ばれていない。

日本だけではなく、日本の問題は、地球全体に多く出ている。
人を責めることは、すぐにするが、新しい枠組みを作ろうとする人は少ない。
EUの経済問題も同じくで同じ混乱、世界中でそれが起きている。
日本だけではない。
地球全体に起きている人類の意識の変化を、拒んでいるエネルギーがある。(人々が居る)
必ず地球は自然にバランスのとれた状態が起きる。それが必要だから。
そういう意味で、間違いはない。
こういうチャレンジは、チャンス(学びの)。

地域でホットスポット(放射能地域)を探す活動をしている人たちが居る。
小さな活動の積み重ねは大事。

(放射能問題や復興)スムースではないかもしれない、すぐではない、
タイミングが整う必要がある。





* 北海道でUFOが多く目撃されるが・・・。


北海道は聖地が多い。地震源?もあり、活発。
ET達は、北海道の聖地を使って、震源を抑えようとしている。
北海道を通して、日本全体のエネルギーを安定させようとしている。
北海道は本州と比べて人口密度が少なく、UFOが移動接近しやすい。

UFOを見かけたら、呼びかけてコンタクトしてください。笑




* 宇宙人にも悪いETも居ると聞くが・・・。


それは、プロバガンダそのもの。
人間が作り出した悪想念。
ネガティブな意識を持つ宇宙人は自由に(宇宙を)往来できない。

善悪は2極化された考え。
これは善、これは悪と判断する考えは、コンタクトの妨げになる。
本来の意識の有り様にフォーカスする。(ハイヤーセルフ意識)
(善悪はないという考えを受け入れる。)





質問内容のメモがなく覚えていませんが、


転生は直線的ではない。
常に多次元の存在、ホログラムのような存在。

すべての人がすべての宇宙文明と縁があるが、役割が違う。
この人は、どの宇宙人だと限定できない。
どの人も根源と繋がりがある。

皆、たくさんの人生を体験しているが、
地球原産の人はいない。

誰もが宇宙との関係がある。
もしプレアデスのことを感じるとしたら、
この人生でプレアデスのエネルギーを使う必要があるということ。
プレアデスの過去生しかない訳ではない。




--------------------------------




ざっとの走り書きから抜粋しましたので、文章が不揃いになっていますことと、
メモが間に合わなくって飛んでいる面も有りますことをご了承ください。



雰囲気だけでも伝わりますかしら?


リサさん、サーシャさん、有難うございました。




このQ&Aタイムの後、短い休憩を入れてから、
コンタクト誘導瞑想が行われています。

神聖な愛の光で地球全体を包み、そして、日本を包んだと思いますが、
心地よくって、流れはよく覚えていません。

金色の光の中に居て・・・・・ETとコンタクトできたかどうかは、わかりませんが、

富士山をぐんぐん浮上しているビジョンがあり、とても心地良かったです。
なにかしら、巨大な円形のものが、光に霞むように見えたような・・・・・・?
(これも誘導瞑想の内だったのか?は、覚えていません。)


日本を包む場面では、
おお日本!・・・・と、何とも言えない愛しさが込み上げてきました。

リサさんがおっしゃるように、元は皆宇宙人・・・・と言えるかもしれませんね。だとしても
今の今は、日本人として生をいただいています。

私は大きな声で言えます。和の文化・心・日本が大好き!と。







下はリサさんの著書を一部ご紹介しますね。

絵の方をクリックしていただきますと、
アマゾンのコメントが読めます。


アセンションの道しるべ―新しい世界への旅は自己変容から始まるアセンションの道しるべ―新しい世界への旅は自己変容から始まる
(2003/07)
リサ ロイヤル

商品詳細を見る




プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めてプリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて
(2004/04)
リサ ロイヤル、キース プリースト 他

商品詳細を見る








と、シャア&ご紹介まででした。























セミナー体験
2011/09/22

ロナ・ハーマンさん、来日ワークセミナー (シェア、その2)  会場という宇宙船



 

台風に続く台風で、
日本列島、水浸しですね。
熊野古道や熊野大社といった歴史遺産も大きな被害を受けているのはショックです。


でもこの動き、止まりそうにないですよ。


さてどうなるでしょうね。
穂の国、龍の国、日本は・・・・・・・・・・。





~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~




ロナさんのセミナーのことはたくさんシャアしたいのですが、
一日一日(いいえ、もっと急速に)、私の感じ方、感想も変化していますので、
詳しいシャアは止めておこうと思うようになりました。


なので、代わりに、
セミナーを終え、家に帰ってすぐに
大内博様にお出ししたメールを一部披露させていただこうと思います。

それがもっとも旬で、そしてとてもシンプルに、素直に実感想が書かれていると思えますので。



-----------------------------------


昨日、一昨日、東京でのロナさんのセミナーでは、お世話になりました。
~中略~

日本訪問は最後になるだろうというロナさんのお言葉、胸に染みました。
最後にお目にかかれましたことを、本当に嬉しく思いました。

セミナー最後のレクチャーでのミカエルのチェネリングの際に
ロナさんのオーラや波動に大きな変化がなかった
 ことを目視出来ました。

これはロナさまが、非常に高い周波数を維持された状態で、セミナーの全パーツに臨んでいらしたことの証明ではないでしょうか?
個人的に感激致しました。

またセミナー中、大きなオーラが立ち昇り、ロナさんのお隣にいらっしゃる大内様も、そして会場全体も、包み込むのを何度か目視しました。
その都度(というより多くの時間)、私は変性意識状態になって、意識のみ会場から離れたりしていました。


-----------------------------------



自分のメールを読み返して、この太字にした部分が、自分としては着目でした。

(ロナさんのチャネリングはまるで自然体に見えました。)



思い出しますと、
会場全体が、一種、宇宙船のようになって、(← 喩ですよ~、どこかに飛んで行ってはいませんのでね。笑)
高波動に引き上げられていたのではないだろうか?と思えます。

会場全体が高波動に引き合げられ(どの人がというのではなく)、
オーラは単独的あるいは部分的に見えるのではなく、(たとえば、天使の光がどこかに部分的に現れるということではなく、)

会場全体の空気のようなものが、高波動あるいは高周波数オーラそのものになっていたのではないだろうか?


思い出しながら、会場での自分の様子を振り返ると、

会場という宇宙船は、休憩の毎に瞬時に下界に窓が開かれ、
空気は普通になり、(私の頭も普通になり(笑))

休憩が終わり、講座が開始されるその瞬間に、これまた瞬時にふわーと持ち上げられ、
その時、私の目に会場を包むようにオーラが動いたのが見えた気がします。
同時に意識が遠のき、変性意識状態になっていたのではないかと。


(と、これは、あくまでも私の主観的見方ですからね。
こういう風な感じ方をした人も居るんだなぐらいに思ってくださいね。)


で、この私的感じ方では、
会場を宇宙船にしてしまう・・・・・こういう大規模なことを成し遂げていたのは?
それは、

大天使ミカエルはもとよりでしょうが、
ロナさんと、参加していた私たち(主催者側、参加者側を問わず)
全員をサポートするために同席してくださった、それぞれの守護天使&
高次元のすべての存在達の大きなチームだったのではないでしょうか?


( 会場の周波数レベルが引き上げられていたらしい、その後ろでは、
主催された大内様がおそらくお持ちだっただろう、最善のWSにしたいという強い”意図”も関わっていただろうということも忘れてはならないことでしょうね。
意図の重要性というか・・・・・・大内様の有り様が、それを示して下さっていたのではないかしら?
その意図を、ロナさんを囲む天使チームは祝福し、より良いサポートをしてくれていたかもしれません。)





ワークのやり方そのものより、(それは大体、本に書かれているし、収録DVDも出ますし、次の本もすでに英語版では出ています。日本語版は年内の見込みだそうです。)

あの空気・・・・・・・、

そこに同席し、同調したことが、

何より、大事だったのかもしれません。



ですので、
最初に、メモはしないで感じて欲しい言われたことは、
確かにその通りだったと思えます。



(言い方を変えると、ものすごく大きなスケールの”アチューメント”が起きていたという見方も出来るかもしれません。
遠隔でお仕事をさせていただいている経験で思いますと、
会場に居ない方も”意図”を合わせることで、このアチューメントはもたらされていたかもしれません。)




また、ロナさんの著書では、グルーブで集まり、光を広げることが推奨されています。
そういう意味でも、200人以上もの人の呼吸が合わさったことで、大きな光の発信地に、
2日間とも成っていたのかもしれませんね。
 アドマンタイン粒子(単純な言い方では、もっとも純粋な神の最小単位の火花)の拡大というべきかしら?




と、左脳的な分析は自分でも疲れるので f^_^、この辺にして、
何はともあれ、私にとっては、余韻の深い素晴らしいワークセミナー経験になりました。

でもね、この余韻は何なのだろう・・・・おっと、うむ、また考えそうなので、
止め!ま~す。





下は講座後にサイン中のロナ・ハーマンさん

2011rona22a2.jpg

あちこちからカメラを向けられ、
(私も向けてた一人で・・・・ f(^_^)) さぞお疲れだったことでしょうね。

もうご自宅に着かれたのでしょうか?
どうかごゆっくり、お体を労り、お休みいただきたいと願います。





大変なご高齢でありながら、私たちの国にいらして下さったこと、
終始、背筋をまっすぐ伸ばして、誠心誠意、講座に臨んでくださったこと・・・・・、
感謝します。




ナマステ、ナマステ、 ナマステ m_0137.gif








☆-----------------------------
追記






亜様


台風の被害のことで、お気づかいのコメント有難うございます。

今度の台風では、ここ市内も、かなりの範囲で浸水被害が出ましたね~。
知人友人も何人か、直接の被害ではないけれど、帰宅困難体験には遭遇したようです。

それでも私の住む地区は全く大丈夫でした。
取りあえず、無事ですので、ご安心くださいね。


お声をかけていただき、嬉しいです。
有難うございま~す。(^o^)/ 






























セミナー体験
2011/09/19

ロナ・ハーマンさん、来日ワークセミナー (シェアその1) 

 
 
 
 
ロナ・ハーマンさん来日ワークセミナーにて



セミナー終了後に
サインするロナ・ハーマンさん(画面左)
通訳サポートをなさる大内ジャネットさん(画面右)

2011rona1a1.jpg



2日間のセミナーで2日間とも講座終了後に
こうしてサイン会が行われました。
列は延々と続き、
私も延々と並び、
持参した本の一冊にサインしていただきました。ギャルね、私・・・・うふふ。

写真のこのまた右隣では大内博さんが、翻訳著書にサインしておられるのですよ。
相当にお疲れのご様子でありながらも、笑顔をたやさず・・・・・・・。


ロナ・ハーマンさんも、企画・主催・通訳の大内ご夫妻も2日間のハードスケジュール、
本当にお疲れ様でした。


この企画には、ナチュラルスピリット社様、太陽出版社様も協力されておられ、
また多くのボランティアの方々も手伝っていらっしゃり、
大がかりな構成のワークセミナーとなっていました。


ロナ・ハーマンさんはご高齢のこともあって、
メルキゼデクをチャネリングされるランディー・モンクさんのサポートで来日なさったそうでした。
(「アセンションのためのワークブック」という本の見開きに、三位一体の表現のお一人として、
写真入りで紹介されている方です。)




こうして書いている本日も、ものすごい勢いで、いろいろな気付きが沸き起こっていて、
気持ちが落ち着かず、消化できません。

なので、今日はまず会場での断片的なことを一部だけシャアをしますね。


セミナー中、記録メモ書きはなるべくしないで、感覚で味わってほしいと言われ、
メモは取っていません。
代わりに収録DVDが発売されるそうですが、
これがなかなかお高い。ギャ!と思いましたが、それもセミナー代金と思うことにしました。(笑)

メモしようとしても、きっと出来なかったことでしょう。
(なさってる方もいらっしゃいましたが)
(私の場合は)DVDが絶対必要でした。
理由は、


講座の内容は、ほとんど覚えていない!!!! からです。
なぜかって?
ほとんどの時間、変性意識状態になっていて、

眠って夢を見ているのか、
どこかに意識がぶち飛んでいたのか、
たまに断片的に会場に意識が戻って話を真面目に聞いているらしい・・・・・・、
というぐらいで、

つまり、ほとんどの時間、自分でも訳がわからない意識状態に相成っていたのでした。


これが面白いのですよね。
しっかりお話を聞いている、その横で(頭内では)関係ないような夢のような映像がリアルに展開して流れていたり、ふとその映像の場面の中に居たり、またはっとして会場に戻ったり、
かと思うと、
会場の全員の様子を”360度の視野”で見渡したりもしているのですよ。
顔はロナ・ハーマンさんを見つめたままでね。
頭の中の目が360度に開いているわけですね。

会場を包むオーラを観察していたり、かと思うと、とんでもない姿の存在が目の前に居てハァ?と思って我に返ったつもりが、なぜか金色の空に居て、再びハッとしたり・・・・・・。

と、不可解だらけの状態なのですが、
では見たこと聞いたことは? ほとんど・・・・・・・・覚えていないのです。


記憶がしっかりしている時間、それは、
”休憩”という言葉を聞いた途端、ガバッと意識がこちらに戻り、途端に普通の人になるのです。

こういう会場では顔見知りの方も何名も参加されています。
休憩になった途端に普通の頭状態になって、何事もなかったように普通におしゃべりしていたりする訳です。

何が凄いって、先ずもって、こういう切り替えが自動的に起きていたってことが、凄かった・・・・・。(爆)


この変性意識状態、ロナさんからの感染なのだろうか?


それについてはまた次回に
ということで、今日はここまでにします。

覚えていることや思い出したことを、また別途シャアさせていただきますね。



今どんどんと内側から気付きが沸き起こっています。
これがセミナーの成果であって、こちらの方が大切で、
セミナーの内容を覚えていようといなくっとも、どちらでも良いのだと思います。

でもDVDは観ますけどね。(笑)







話が変わりますが、
原発反対のデモが東京で、大江健三郎氏らの呼びかけで大規模に行なわれたようですね。
デモには参加していませんが、東京でしっかりと署名してきましたよ。
ここは、ちゃ~んと記憶している普通脳部門でね。(笑)







ところで、今日は敬老の日、なんやかんやで、すっかり忘れていました。
母に電話をして、久々にお母さんと呼びかけました。
それだけでも今できる精一杯の親孝行になったかしら?
































セミナー体験
 | HOME | Next »